サポート

現在位置:ホームサポートニュース

おむつなし育児講演会

※おとゆめは当イベントに協賛しております

※イベント会場にて、音楽家YOUTAによる曲の書き下ろしを行ないます

開催日:2014年5月25日(日)
場所:富山県呉羽青少年自然の家(富山市西金屋字長尾8194/TEL:076−434−1908)
参加費:大人3,000円(ご夫婦は4,500円)
講師:和田知代
お申込み・お問合せはEメール:omiso@cty8.com(ほんだ)まで
協賛:ありじ、おとゆめ

■タイムテーブル

・10:00 自力整体体験会、YOUTAによる曲の書き下ろし
・11:30 ランチョンタイム(講師の方とお話しながら昼食)
・12:30 講演会受付開始
・13:00 おむつなし育児講演会
・15:00 質疑応答
・15:30 終了

知ってる人も知らない人も おむつを卒業したお母さんも 妊婦さんも大歓迎 !
毎年AERAwithBabyで特集中!
和田知代(わだ・ともよ)
おむつなし育児研究所 所長
名古屋大学大学院修士号取得・保育士
訳書「おむつなし育児」(柏書房)
共著「赤ちゃんにおむつはいらない」(勁草書房)
実践指導「五感を育てるおむつなし育児」(主婦の友社)

「おむつなし育児」って、聞いたことありますか?

「おむつをはずして垂れ流し」という意味ではなく、「赤ちゃんにも、なるべくおむつの外で気持ちの良い排泄をさせてあげる」というものです。
新しい育児法でも、トイレトレーニングでもなくて、日本でも世界でも昔から実践されてきた、自然でエコで経済的な赤ちゃんの排泄ケアの方法。
そして「赤ちゃんの排泄」に心を寄せることで、赤ちゃんの気持ちがよくわかるようになり、育児の本当の喜びが深まっていきます。
「紙おむつの使用量を少しでも減らしたい」方も必見!
協力:股割れズボン専門店「UTAUbaby」
限定20 組!!

◎講演会内容「おむつなし育児−なぜ今、“おむつなし育児”なのか?

1)紙おむつに頼りすぎる先進国の子どもたちの間で起こっている問題
   ・おむつ外し問題:おむつが外れない子&どう外していいかわない親の増加
   ・排泄障害の問題:“おむつ性便秘”と“おむつ性頻尿”の子の増加
   ・心理的感覚障害の問題:敏感な性器周りの快/不快がわからない子の増加
   ・不潔恐怖:おしっこ・うんちを怖がる親子の増加

2)おむつなし育児の歴史と、おむつなし育児が“消えた”歴史

3)おむつなし育児の簡単なノウハウ

4)おむつなし育児で育つ子の平均的な姿

5)排泄を大切にすると子育てが変わる!老人介護も変わる!

◆日本初!あなたを感じてピアノの即興演奏で作曲します♪

盲目の音楽家YOUTA(ユータ)から「あなた」へ贈る極上のサウンドギフト♪

世界に1枚限り!約3分に真心をこめてお届けする、あなたのテーマ曲♪
握手と簡単な会話から、その人を感じ、その場でピアノ演奏、即CD化してお渡しします。
また、遠隔地の方のプロフィールを伺っての作曲も承っております。
ご本人様はもちろん、お子さんや大切な方へのプレゼントにも好評です。
さらに、あなたのイマジネーションを伺って、それを想い画いた曲を紡ぎ出すことも可能。
さぁ、あなただけに訪れる奇跡と感動の瞬間を、ぜひ体感してみてください。
※お問合せは「おとゆめ」⇒info@otoyume.comまで